食材から春を感じる。

2015年03月27日いつものご飯

季節ごとに食べるのが楽しみな食材はありますか?

私は春といえばカツオです。タタキではなく、お刺身で。

今は醤油と食べるラー油をかけて、青じそと一緒に食べるのにハマってます。

IMG_2633

昨日は菜の花でも春を感じました。

醤油マヨネーズとすりごまで和えてます。

IMG_2634

そして今日のお弁当。

ご飯には漬物・菜の花のふりかけ。

菜の花の茎のかたい所を小口切りにして、シーチキンと一緒に炒め、

酒・醤油・塩こしょうで味付けし、黒ゴマをまぶしました。

これで苦味が少なく子供でも食べられます。菜の花でビタミンC補給です。

IMG_2638

おかずは、豚肉とセロリの葉炒め。

お弁当のお肉は下味をつけてから小麦粉をまぶします。

いいお肉を使わなくても、これで柔らかくなり汁気もでません。

わかめの炒め物は、今が旬の生わかめを茹でてから、

ごま油で炒めて、酒・しょうゆ・ショウガで味付けしてます。

ショウガはいつもは細切りにしますが、子供がショウガが苦手なので、

粉末ショウガを使って姿を隠しました。でもショウガは重要な役割があるので外せません。

あとは、ちくわの青じそチーズ巻き、トマト、卵焼き、菜の花の和え物です。

やっぱりトマトの赤は、全体を引き締めてくれますね wink

 

旬の食べ物は栄養価が高く、おいしいだけじゃなくて体にいい作用をしてくれます。

どんどん取り入れて天候や気温の変化に負けない体作りをしていきましょう♪

 

食事で心配事がある方、見直したい方にカウンセリングを行っています。

詳しくは、こちらからどうぞ。→

この記事を書いている人

魚住理恵鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう) 食養生担当/管理栄養士
●和歌山県みなべ町出身
●武庫川女子大学 生活環境学部 食物栄養学科卒業 管理栄養士
●女の子2人(12歳と8歳)の母

高齢者福祉施設にて、治療食の献立作成に従事。

その後、生活習慣病予防のための特定保健指導や、妊産婦、乳幼児の栄養相談や食育など、幅広い年代の方から相談を受け、カウンセリングを行っています。

私生活では限られた時間の中でいかに効率よくバランスのとれる食事を作ることができるか、年齢に負けない体作りができるかを考え実践しています。


Copyright(c) 2011-2019 西宮市の鍼灸院 - 鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)- All Rights Reserved.
〒662-0832 兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1−5 法貴ビル 2F | TEL 0798-65-7566 | mail: shinkyumukayu@gmail.com