ミックスビーンズのサラダ。

2015年04月28日野菜料理

サラダというと野菜の水切りがちょっと面倒だったりしますが、

暑い日が多くなってくると、さっぱり食べられる副菜としてはいいですよね。

今回は家に買い置きしてある食材で、少しボリュームを出しました。

そして減塩につながるポイントも・・・

IMG_2757野菜だけのサラダだと物足りないし、だからといって準備するものが多くなると、

主菜にはならないのに時間ばかりかかってしまうので、家にあるものを使って簡単に作ります。

♪材料

・レタス      2/3玉

・ツナ缶(小)   1缶

・ミックスビーンズ 1袋

・トマト      1個

・たまねぎ     1/4個

・みじん切りのピクルス  大さじ1

・ドレッシング   大さじ2

♪作り方

①玉ねぎをみじん切り、トマトを1㎝の角切りにし、レタス以外の材料をすべて混ぜ合わせます。

②ちぎったレタスの上に乗せてできあがり。

 

レシピというほどのものではないですね(*_*;

この料理のいいところは、不足しがちな豆と魚を食べられること。

減塩のポイントでもあるツナとピクルスを入れること、

そして具材とドレッシングを先に絡めてしまうことでドレッシングの量も減らせます。

あっさりした野菜だけだと、ドレッシングの味で食べてしまう方もいますが、

コクのある食材や酸味を入れることでドレッシングの量を少なめにして塩分を抑えられます。

この場合は水煮ではなく油漬けを使った方が美味しく食べられます。

コレステロールを気にしている方も、野菜と一緒に食べるので大丈夫ですよ。

それに、油漬けにしていても素材は魚です。

ただし、油まみれになるのでドレッシングはノンオイルにして下さいね。

この材料で4人分、一人当たりの塩分は0.7g程度でしょうか。

 

無何有では食事から健康な体を作っていくためのカウンセリングを行っています。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

この記事を書いている人

魚住理恵鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう) 食養生担当/管理栄養士
●和歌山県みなべ町出身
●武庫川女子大学 生活環境学部 食物栄養学科卒業 管理栄養士
●女の子2人(12歳と8歳)の母

高齢者福祉施設にて、治療食の献立作成に従事。

その後、生活習慣病予防のための特定保健指導や、妊産婦、乳幼児の栄養相談や食育など、幅広い年代の方から相談を受け、カウンセリングを行っています。

私生活では限られた時間の中でいかに効率よくバランスのとれる食事を作ることができるか、年齢に負けない体作りができるかを考え実践しています。


Copyright(c) 2011-2019 西宮市の鍼灸院 - 鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)- All Rights Reserved.
〒662-0832 兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1−5 法貴ビル 2F | TEL 0798-65-7566 | mail: shinkyumukayu@gmail.com