春菊のごはん。

2015年10月08日野菜料理

昨日スーパーに行って、目についた春菊。

旬にはまだ早いですが、どうしても食べたくなって買ってきました。

私以外の家族はみんな好きじゃないのですが、これは食べてくれる。

春菊とツナの炊き込みご飯。

IMG_3259

春菊は茹でてあとから混ぜるだけですが。

普通の炊き込みごはんの調味料に、シーチキン小1缶、刻み昆布少々を入れて炊きます。

春菊は茹でて小口切りにしておき、炊けたご飯に混ぜます。はい、できあがり~♪

春菊は生の状態で細かく刻んで最後に入れても火は通りますが、やっぱりクセが強く残ります。

 

春菊はカルシウム、カリウム、鉄、カロテンが多く、独特の香りの成分には、胃腸の働きを良くし痰の除去や咳を鎮める作用があります。旬は11月から3月。

青菜の旬はほとんどみんな11月から。待ち遠しいな~。

寒いの、キライだけど・・(*_*;

 

無何有では食事の相談を受け付けています。

詳しくはこちらから。

この記事を書いている人

魚住理恵鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう) 食養生担当/管理栄養士
●和歌山県みなべ町出身
●武庫川女子大学 生活環境学部 食物栄養学科卒業 管理栄養士
●女の子2人(12歳と8歳)の母

高齢者福祉施設にて、治療食の献立作成に従事。

その後、生活習慣病予防のための特定保健指導や、妊産婦、乳幼児の栄養相談や食育など、幅広い年代の方から相談を受け、カウンセリングを行っています。

私生活では限られた時間の中でいかに効率よくバランスのとれる食事を作ることができるか、年齢に負けない体作りができるかを考え実践しています。


Copyright(c) 2011-2018 西宮市の鍼灸院 - 鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)- All Rights Reserved.
〒662-0832 兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1−5 法貴ビル 2F | TEL 0798-65-7566 | mail: shinkyumukayu@gmail.com