アトピー性皮膚炎/10代・男性

主訴:アトピー性皮膚炎(部位:首、顎、顔面部、肘、前腕、膝裏、下腿)

1才の時にアトピー性皮膚炎になり一度は入院。3才ごろにはキレイになり治まっていたのだが来院、半年前の夏ごろ~再び出始め、両腕、首~腹部や膝裏に広がっていく。

肌の赤みはそれほどないものの、痒みと顔面や顎、腕の滲出液が多い。

■東洋医学的診断と治療

子供の頃、いったん治まったアトピーが大きくなって再び出始めることは少なくありません。

この方の脉を取ると、脉がゆるーくなり、力がなく、奥へ沈んでいるような脈でした。10代の男の子ならば、血気盛んであってもっと力のある脈なのです。

脈が緩くなるのは、脾臓の病気とされます。脾臓は消化機能を助ける臓器ですので、それがうまくいっていないようです。つまり、皮膚を再生していく過程で必要な気血の生成が足りないという事です。

また脾臓は悪くなると湿気を生んでしまいます。それが滲出液が多い要因となっています。

また、身体を触っていると、非常に熱が多いことに気づきます。腹部では、みぞおちから脇腹にかけて、背中は肩甲骨の間から、頭にかけてです。また肘の外側にも熱が多くありました。

脈では力なく沈んでいるものが、これだけの熱の反応を出すことは、あまりないので、どこかに熱の見落としがあります。そこでもう一度脉を取り直すと、沈んだ奥の方だけ、脈が早めに流れているのです。

脈が早いというのは熱を表しますので、この方は身体の奥の方に熱があるという事になります。

まとめると、脾臓の弱りで消化機能が落ち、発生した熱と湿(滲出液)が皮膚に停滞することにより起きたアトピー性皮膚炎ということです。

治療には二つのポイントがあります。一つは脾臓を助け、消化機能をあげることで、皮膚再生時において健康な皮膚をつくらせること。もう一つは熱の処置です。

脾臓に対する処置は背部の脾兪というツボを用いました。一方、熱に対する処置では、肘の曲池というツボと足外側の陽陵泉、臨泣というツボに熱を漏らす鍼をします。

これだけではなく、他にも大事なツボがあるのですが、このような治療をすること一年ちょっと。

痒みが少しだけ出るものの、皮膚もキレイになり滲出液も全く出なくなっています。

脾臓が主となるアトピーの場合、食事に気をつけなければ治りは悪くなります。この方はお母さんがしっかりとそれを行ってくれたようで、脾臓がだいぶ良くなってきたころから、熱の発散もしやすくなり、治るスピードがあがりました。

受付時間

10:00~12:00 × ×
16:00~20:00 × × ×

土曜日 △ 10:00~15:00 (最終受付)
祝日の診療は院内カレンダーにてお知らせしています。こちらの新着情報をご確認ください!

施術料金

再診料金 初診料金
大人 5,000円 7,000円
中高生 3,000円 5,000円
小学生 2,000円 4,000円
幼児 1,000円 2,000円

大人のみ、5回分の回数券があります。
詳しくはこちら→

公式サイトリニューアル期間限定!!

無何有(むかゆう)へのアクセス

無何有(むかゆう)へのアクセスMAP
最寄駅 阪急電鉄西宮北口駅 徒歩1分
駅からの順序 北改札口 → 北西階段を下りる → 駅前ロータリー → "SMBC日興証券"の右側の道を進む → すぐ左側に法貴ビルが見えてきます。
駐車場 当院専用の駐車場はございません。近くのコインパーキングをご利用ください。(地図のPマークが最も近いパーキングです。)
バリアフリー 駅から当院までの道のりは平坦で、ビル入り口にある小さな段差を除き、ほぼバリアフリーとなっています。ビル内にはエレベーターがございます。
カーナビ用住所 〒662-0832
兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1-5

ご予約・お問い合わせ

当院は一人一人の施術を丁寧かつ正確に行うため、完全予約制とさせていただいております。

    ご予約は0798657566まで オンラインでの予約はこちら


Copyright(c) 2011-2019 西宮市の鍼灸院 - 鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)- All Rights Reserved.
〒662-0832 兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1−5 法貴ビル 2F | TEL 0798-65-7566 | mail: shinkyumukayu@gmail.com