無何有(むかゆう)は西宮市にある東洋医学の伝統的な施術が受けられるの本格派鍼灸院です。

無何有(むかゆう)の不妊鍼灸施術において最も重要視している考え方とは。

院長 魚住健

鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)の公式サイトをご覧いただきありがとうございます。

社会問題にもなっているように、ここ最近でかなりお問い合わせの数が増えているのが、不妊症・不育症に関するものです。

東洋医学においては、成長の過程において腎臓の気が盛んになっていき、腎臓の精血が旺盛になることで、妊娠・出産が可能となると考えます。

これを【天癸(てんき)至る】と言い、妊娠・出産の基本要素として考えます。女性の場合は二十八歳頃が最も旺盛となり、子供を授かりやすくなります。

そして三十五歳頃から、腎臓の気が衰え始めます。そのため、この年齢の頃から子供が授かりにくくなってしまうのです。

実際に科学的なデータにおいても、三十五歳以降に妊娠率が下がることが示されています。

ただ、腎臓の気が衰え【天癸(てんき)が尽きる】までは、子供を授かる可能性はあります。
それが四十九歳頃とされていますので、実際に四十代以降で妊娠される方がおられますし、当院でも四十代の妊娠例があります。

妊娠から出産までのの過程において大事にすべきはこの二つのポイント。

女性のイメージイラスト

妊娠・出産においては、前述した腎臓の気と母体の【血】が重要です。

腎臓の精血が旺盛であるということは、排卵、受精、着床・妊娠に至る、卵巣・子宮の働きが正常であることを指します。

母体の【血】が質・量・循環と正常であれば、胎児の身体を成長させる根幹が備わっていると考えます。

当院ではそのことをふまえ、不妊症・不育症と言われる状態において、次の二つのポイントを診ていきます。

①腎臓の気が旺盛であるかどうか。
②母体の血の量や質、そして循環はどうか。

これらに関わるのは下の三つの臓器でそれぞれこのような役割があります。

脾臓:飲食物から血を作り出す。血が溢れないように堤防の役割をする。
肝臓:妊娠・出産に必要な血を体中から集める。血質や血の循環を管理する。
腎臓:子宮を温めて、着床・妊娠のための場所を調える。

つまり、①や②のポイントにおいて、上記の三つの臓器の働きのどこに障害があって上手くいっていないのかを探り施術をしていくことになります。

身体の不調も良くなっていく事こそが、妊娠・出産への正しいの道筋。

昔の書籍

西暦1100年ごろに書かれた中国の書物には、こうあります。

“もし、子供を求めるならば、まず先に夫婦双方の臓腑の弱り、古い病気を治療して、気を和平にする”

無何有(むかゆう)での、不妊鍼灸でも同じ考えに基づいており、身体全体が元気になっていくことも重要なポイントと考えています。

実際に、不妊症・不育症のお悩みの方には、普段の月経におけるトラブルや身体の他の部位のお悩みがあることも少なくありません。

ですので、不妊症・不育症だからといって、どのような状態でも同じツボに鍼やお灸をしていくという方法では、東洋医学的不妊鍼灸とは言えません。

不妊・不育に至ってしまったメカニズムを一人一人の身体において明らかにすること。
その上で、身体全体を調える施術をしていくことが、東洋医学的姿勢になります。

この施術は東洋医学全般に精通していなければできない鍼灸施術です。
無何有(むかゆう)では、あらゆる疾患の施術の中で培った技術で、一人一人の身体に本当に合っている施術を行うようにしています。

鍼灸専門治療院無何有(むかゆう)のこだわり

鍼や灸の一つ一つに確かな技術がある。専門治療院だからこそのクオリティ。

当院は鍼と灸の技のみに磨きをかけた正真正銘の鍼灸院です。

慰安的なマッサージや美容鍼などは一切行わず、根本的改善を目指す【本格派】。

当院は今の病気を治し、継続的に健康な身体を維持するため、その場しのぎの施術ではなく根本的改善を目指して治療をしています。

「他ではここまでしてくれなかった。」という声が出るほど、身体の状態を詳細に解説します。

当院では初回の問診時に身体の状態と治療方針を必ずお伝えしています。
そのあまりの詳細さに「他ではここまでしてくれなかった」という声もいただいています。

なかなか良くならない慢性疾患、原因がわからない難病の施術経験が豊富。

当院にお越しになる患者さまの内8割以上が、1年以上身体の不調に悩まされているという方西洋医学では根本的な解決のできない難病でお悩みの方です。

鍼灸治療だけでなく、身体をより健康にしていくための情報を惜しみなく提供しています。

当院では、定期的に発行している「無門(むかゆうの門)」や患者さま限定のメルマガにて、東洋医学の情報をお伝えしています。

本格派の鍼灸術を本気で良くしたいと考えている方に。

当院では鍼と灸のみで施術を行っています。
ただの金属の鍼、ただのもぐさでどうして病気に立ち向かえるのか?

そこには、東洋医学の伝統に沿った知識と技術、身体を詳細に観察し分析する臨床力があるからです。

不妊症・不育症には年齢の問題もありますが、身体の不調が大きく影響することもあり、そして様々な身体の状況がありえます。

当院では、その一人一人の身体に対して、上記の技術を用いた本格派の鍼灸術でより早く元気で健康な生活を取り戻していただくことを目指しています。

すべては明日の健康のために。

病気を良くしていく過程は「山登り」と同じです。途中、しんどくなって足元しか見えなくても、足を前に出せば素晴らしい景色に出会えます。

勇気を出して一歩を踏み出してください。

その一歩を無何有(むかゆう)への一歩にしていただければ、どんな一歩よりも大きなものにするよう全力を尽くします。

無何有(むかゆう)のこと、もっと知ってください!

無何有が選ばれる7つの特長 当院の体験談はこちら 施術方針・診療時間・施術料金はこちらから

受付時間

10:00~12:00 × ×
16:00~20:00 × × ×

土曜日 △ 10:00~15:00 (最終受付)
祝日の診療は院内カレンダーにてお知らせしています。こちらの新着情報をご確認ください!

施術料金

再診料金 初診料金
大人 5,000円 7,000円
中高生 3,000円 5,000円
小学生 2,000円 4,000円
幼児 1,000円 2,000円

大人のみ、施術料金の割引コースがあります。
詳しくはこちら→

公式サイトリニューアル期間限定!!

無何有(むかゆう)へのアクセス

無何有(むかゆう)へのアクセスMAP
最寄駅 阪急電鉄西宮北口駅 徒歩1分
駅からの順序 北改札口 → 北西階段を下りる → 駅前ロータリー → "SMBC日興証券"の右側の道を進む → すぐ左側に法貴ビルが見えてきます。
駐車場 当院専用の駐車場はございません。近くのコインパーキングをご利用ください。(地図のPマークが最も近いパーキングです。)
バリアフリー 駅から当院までの道のりは平坦で、ビル入り口にある小さな段差を除き、ほぼバリアフリーとなっています。ビル内にはエレベーターがございます。
カーナビ用住所 〒662-0832
兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1-5

ご予約・お問い合わせ

当院は一人一人の施術を丁寧かつ正確に行うため、完全予約制とさせていただいております。

    ご予約は0798657566まで オンラインでの予約はこちら


Copyright(c) 2011-2018 西宮市の鍼灸院 - 鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)- All Rights Reserved.
〒662-0832 兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1−5 法貴ビル 2F | TEL 0798-65-7566 | mail: shinkyumukayu@gmail.com