お腹の張り/30代・女性

主訴:お腹の張り・足のむくみ

一日仕事をしていると、夕方ごろになるとお腹が張ってくる。月経前はそれが顕著になる。 また、お腹の張りと共に、足がむくんでだるくなることが多い。

■東洋医学的診断と治療

まずこの方の脈の基本的な形は緩脉というものになります。 この緩脈は、健康な人の脈でも見られるのですが、それよりも、弱くなっており、緩脈に弱りを兼ねる脈となっています。 専門的には緩虚脈と言います。

このような時、五臓の中では、脾臓が弱っているのではないかと考えられます。

脾臓は、胃を中心とした消化器系の下支えをする臓器で、ここが弱ると、胃腸内での飲食物の運搬や、気血水の生成能力の低下が起きます。

次に腹部を観察すると、右の下腹部に停滞があり、ここが最も張っているようです。

表面が張っている中の筋肉に細く張っているところがあり、ここの部分に乾きが生じているようです。

これらから、この方のお腹の張りは、脾臓が弱ったことにより、腹部の気の流れが悪くなっているからと考えることができます。

下腹部の筋張りは、水の生成力が落ちていることにより、脾臓自体が乾いてしまっていたのです。

施術は、胃の経絡にあり、大腸との関係も深いツボを選びました。おへその横にある天枢というツボです。

そこのツボの流れを調整することにより、胃腸が働き、身体を潤す役割を果たしてくれます。

しばらく鍼を置いて戻ると、その時点でお腹の張りは緩和しており、脈は、正常な強さに戻っていました。

施術の回数を重ねていく内に、腹部全体にも水が行き渡り、弾力のある腹部になってきています。

受付時間

10:00~12:00 × ×
16:00~20:00 × × ×

土曜日 △ 10:00~15:00 (最終受付)
祝日の診療は院内カレンダーにてお知らせしています。こちらの新着情報をご確認ください!

施術料金

再診料金 初診料金
大人 5,000円 7,000円
中高生 3,000円 5,000円
小学生 2,000円 4,000円
幼児 1,000円 2,000円

大人のみ、5回分の回数券があります。
詳しくはこちら→

公式サイトリニューアル期間限定!!

無何有(むかゆう)へのアクセス

無何有(むかゆう)へのアクセスMAP
最寄駅 阪急電鉄西宮北口駅 徒歩1分
駅からの順序 北改札口 → 北西階段を下りる → 駅前ロータリー → "SMBC日興証券"の右側の道を進む → すぐ左側に法貴ビルが見えてきます。
駐車場 当院専用の駐車場はございません。近くのコインパーキングをご利用ください。(地図のPマークが最も近いパーキングです。)
バリアフリー 駅から当院までの道のりは平坦で、ビル入り口にある小さな段差を除き、ほぼバリアフリーとなっています。ビル内にはエレベーターがございます。
カーナビ用住所 〒662-0832
兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1-5

ご予約・お問い合わせ

当院は一人一人の施術を丁寧かつ正確に行うため、完全予約制とさせていただいております。

    ご予約は0798657566まで オンラインでの予約はこちら


Copyright(c) 2011-2019 西宮市の鍼灸院 - 鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)- All Rights Reserved.
〒662-0832 兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1−5 法貴ビル 2F | TEL 0798-65-7566 | mail: shinkyumukayu@gmail.com