左肘痛を主とする両手、両肘の関節痛/50代・女性

主訴:左肘痛を主とする両手の指、腕関節痛

2年ほど前~肘や手首、指の関節に痛みが出るようになる。そして半年前から左肘痛が顕著に出だす。

痛みは、仕事での疲労時や寝ている時、冷えた時などに悪化する。
その他、左肩甲骨の周辺にも痛みが出ている。病院でリウマチのケがあると言われた。

胃下垂があり脂っこいものを食べると胃もたれする。

■東洋医学的診断と鍼灸治療

この方の脈には、全体の脈の形状と左の脈の一部に特徴があります。

まず、全体の脈状なのですが、細い脈で、表面のみやや堅めの脈です。
深くおさえると空虚な感じがあり、内側への血流が少ない脈です。

これは、身体の血が減少することにより起こる脈です。

次に左の脈なのですが、上半身の状態を診る部分のみ、内側に締まっています。

これは、その部分に停滞が起こっていることを示すものです。

問診で、仕事量を増やした頃に起こり始めた症状ということでしたので、おそらく疲労による血の消耗から、このような状況ができたと考えられます。

胃下垂があり胃の働きが十分でないのも、血が減少した遠因になります。

血が減少して身体が冷えてしまうと、一部分では逆に熱をもつことがあります。
この熱が関節に停滞したままで、冷えてしまうとその部分における停滞が強くなり痛みが発生します。

以上のことから、疲労による血の減少から起きた関節の熱が、外部の冷えにより停滞している身体と判断して鍼灸治療を行いました。

治療は血をつくるために胃腸の働きを上げる足三里というツボ、左上部の熱を冷ますために後谿というツボや小腸兪というツボなどを用いました。

施術を続けているとまず、右手側から痛みが減っていきました。

疲労時や、寒い時などは痛みが強くなる傾向があったのですが、身体が血を生成する力をつけてきたころにはそういったことも減っていき、左側の関節痛もほどなく治まっていきました。

無何有(むかゆう)のこと、もっと知ってください!

無何有が選ばれる7つの特長 当院の体験談はこちら 施術方針・診療時間・施術料金はこちらから

受付時間

10:00~12:00 × ×
16:00~20:00 × × ×

土曜日 △ 10:00~15:00 (最終受付)
祝日の診療は院内カレンダーにてお知らせしています。こちらの新着情報をご確認ください!

施術料金

再診料金 初診料金
大人 5,000円 7,000円
中高生 3,000円 5,000円
小学生 2,000円 4,000円
幼児 1,000円 2,000円

大人のみ、施術料金の割引コースがあります。
詳しくはこちら→

公式サイトリニューアル期間限定!!

無何有(むかゆう)へのアクセス

無何有(むかゆう)へのアクセスMAP
最寄駅 阪急電鉄西宮北口駅 徒歩1分
駅からの順序 北改札口 → 北西階段を下りる → 駅前ロータリー → "SMBC日興証券"の右側の道を進む → すぐ左側に法貴ビルが見えてきます。
駐車場 当院専用の駐車場はございません。近くのコインパーキングをご利用ください。(地図のPマークが最も近いパーキングです。)
バリアフリー 駅から当院までの道のりは平坦で、ビル入り口にある小さな段差を除き、ほぼバリアフリーとなっています。ビル内にはエレベーターがございます。
カーナビ用住所 〒662-0832
兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1-5

ご予約・お問い合わせ

当院は一人一人の施術を丁寧かつ正確に行うため、完全予約制とさせていただいております。

    ご予約は0798657566まで オンラインでの予約はこちら


Copyright(c) 2011-2018 西宮市の鍼灸院 - 鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)- All Rights Reserved.
〒662-0832 兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1−5 法貴ビル 2F | TEL 0798-65-7566 | mail: shinkyumukayu@gmail.com