最近、増えてきているある相談のこと。

2013年10月08日院長日記

incho-diary

薬を飲み続けなければならない。

そのような状況にある方が、この無何有(むかゆう)に、ご相談くださることがあります。

生理不順の時のホルモン剤。
高血圧の時の降圧剤。
自律神経失調や、うつ、統合失調症などの時の安定剤。
難病の症状を抑えておく薬。
アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン剤やステロイド剤

これまで、無何有(むかゆう)では、このような薬の量を減らせたり、薬なしでも身体の症状を安定させたり、というケースがあります。

投薬というのは、身体の外部から、何らかの作用を与えるものですが、内部からの変化で病気を改善させることができたならば、それは必要なくなります。

内部からの変化を起こすのには、生活改善や食事改善、もちろん鍼灸治療もその手段の一つです!

実は、こういった相談が最近増えてきていて、無何有(むかゆう)でも、いろいろな病気の症例が集まってきました。
その上で、これだけのことは言えそうです。

すぐに薬をやめなくても、徐々に内部の変化は起こる。
薬がターゲットとする症状以外にも、良くなるところがある。

あと、デメリットとなるかどうかはわかりませんが、薬でがっちり抑えていた症状が、身体の状態に素直に反応するようになるということがあります。

例えば、生活習慣の乱れ具合によっては、症状に波が出る。といった具合です。
ただ、これは自分自身の身体を見直すいい機会ですので、メリットにもなり得るものです。

本当の意味で、病気を克服したいと考えている方々へ、これまでの経験をもとに投稿させていただきました。

鍼灸治療に関しては、個別対応が必要ですので、無何有(むかゆう)にご相談いただければと思います!!

この記事を書いている人

魚住 健鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう) 院長 / 鍼灸師
●兵庫県尼崎市生まれ、15歳で西宮市に引越す。
●兵庫県立西宮高等学校卒業
●関西大学社会学部在学中に森ノ宮医療学園専門学校鍼灸学科に入学し、ダブルで卒業。はり師・きゅう師の免許取得。

小学校4年の時に、バスケットを始め、そのせいかグングン身長が伸びる。現在でも、鍼の力を借りながら、続けています。

<学生時代>
●師匠となる石原先生の研究会で脈診を主体とする東洋医学・伝統鍼灸の素晴らしさに出会い、奈良・学園前の石原妙鍼堂にて研修を開始。

<免許取得後>
●千里中央・前田医院にて、西洋医学の学びを深めながら、鍼灸治療を担当。
●京都東山・HYATT REGENCY KYOTOの鍼灸師チームに加わり、海外の方や、伝統芸能に携わる方々の治療を行う。
●師匠の石原先生と共に、京都四条大宮・東洋医学の妙鍼堂にて鍼灸治療を担当。師匠の代診もおこない、がんや難病の方の施術も経験。

<開業>
●西宮市甲風園にて、鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)を開院。


Copyright(c) 2011-2019 西宮市の鍼灸院 - 鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)- All Rights Reserved.
〒662-0832 兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1−5 法貴ビル 2F | TEL 0798-65-7566 | mail: shinkyumukayu@gmail.com