脈は変わる。

2014年05月27日東洋医学の診察法

oriental

無何有(むかゆう)では、脈診を診察の根幹としています。

鍼をうった後、その効果が現れているかどうかを診るために、すぐに脈診をすることもよくあります。

そのようにしていると「鍼をして脈が変わるのですか?」という質問を受けます。

脈は変わります。
臨床ではそんなことしませんが、適当に鍼をしても脈は変わってくれます。

ただし、変わるだけではダメなのです。
重要なのは、どのように変わるか?なのです。

例えば、ストレスなどで身体が過緊張状態の時、脈も同様に緊張した張りの強い脈になっていますが、その場合脈が緩まなければなりません。

逆に、運動不足や暴飲暴食により、消化器系が弱っていると、脈は締まりのない脈になります。その場合は少しキュッとする変化がなければならないのです。

このように脈がどのように変わればいいのか?ということは、身体の状態によって違ってきます。

その中で、堅すぎず柔らかすぎず、程よく力のある脈が、健康体の脈とされるのですが、これを掴むのに数年はかかると言われます。

脈拍数、血圧だけでは表現しきれない奥深さが脈診にはあります。

この記事を書いている人

魚住 健鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう) 院長 / 鍼灸師
●兵庫県尼崎市生まれ、15歳で西宮市に引越す。
●兵庫県立西宮高等学校卒業
●関西大学社会学部在学中に森ノ宮医療学園専門学校鍼灸学科に入学し、ダブルで卒業。はり師・きゅう師の免許取得。

小学校4年の時に、バスケットを始め、そのせいかグングン身長が伸びる。現在でも、鍼の力を借りながら、続けています。

<学生時代>
●師匠となる石原先生の研究会で脈診を主体とする東洋医学・伝統鍼灸の素晴らしさに出会い、奈良・学園前の石原妙鍼堂にて研修を開始。

<免許取得後>
●千里中央・前田医院にて、西洋医学の学びを深めながら、鍼灸治療を担当。
●京都東山・HYATT REGENCY KYOTOの鍼灸師チームに加わり、海外の方や、伝統芸能に携わる方々の治療を行う。
●師匠の石原先生と共に、京都四条大宮・東洋医学の妙鍼堂にて鍼灸治療を担当。師匠の代診もおこない、がんや難病の方の施術も経験。

<開業>
●西宮市甲風園にて、鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)を開院。


Copyright(c) 2011-2019 西宮市の鍼灸院 - 鍼灸専門治療院 無何有(むかゆう)- All Rights Reserved.
〒662-0832 兵庫県 西宮市 甲風園1丁目1−5 法貴ビル 2F | TEL 0798-65-7566 | mail: shinkyumukayu@gmail.com